アフターピルが薬局などで市販されない

アフターピルが薬局などで市販されない

アフターピル,市販,薬局,通販

 

昔の日本ではアフターピルの敢行が禁止されてあり、1999階級にはじめて敢行が許可されることになりました。

 

ただし、普及率が少ない結果、薬局や市販まずは購入できない一品となっています。

 

購入する技法としては、ドクターの診療にあたってから処方なるか、最近では他国から輸入やれるサイトが多いため、そちらから購入する方も増えてきています。

 

ピルの普及率としては、フランスが41百分率、ドイツが37百分率、英国が28百分率として、日本では枚数%しか普及していないとされています。

 

海外ではコンドームというピルを併用して取り扱うのがあたりまえとなっていて、コンドームは避妊ツールではなく、性病の感染を防ぐために使用されています。

 

アメリカでは津々浦々がアフターピルの敢行を許可する前の25階級も前に公認をしています。

 

このように長く許可されていなかったのは、臨床トライアル開始から9階級の期日が掛かったことも要因となります。

 

随分ピルの公認がされなかった理由としては、性感染症のガードをする効果はない結果、性病を広めない結果とも言われています。

 

当時はエイズというこわい疾病が話題となっていたため、そのことも考えられていたのでしょう。

 

そのため、日本のドクターの診療しか入手する技法はありませんでした。

 

アフターピル,市販,薬局,通販

 

他にも、日本での公認が遅れた理由としては、ピルの使用によってういういしい女の子の性倫理が崩れるという意見も中にはあったようだ。

 

他にも普及率が腹黒い原因としては、副作用などの薬の魅惑など、間違った記録が広まっているからとされています。

 

一層、手軽に入手できるコンドームとは違い、ドクターの処方が絶対につき、手法が差し出し辛く、依然浸透が遅れているようです。

 

副作用という点では、ピルが開発された当初は吐き気や眩暈の乱調が酷くなる場合がありましたが、今のピルは副作用が出にくく、使用しやすい一品となっています。

 

また、他国という日本の性教育の違いだとも言われています。海外では昔から性教育が行われていて、グングンピルのやり方やコンドームのやり方も習います。

 

今では日本でも性教育を浴びるようにはなってきましたが、他国と比べると性教育の差は高いようです。

 

それらも薬局や市販で購入できない原因の一部となります。

 

アフターピルの認識が未だに悪賢いという女性の方は多いですが、コンドームだけでは確実に避妊することができない結果、ピルの敢行を検討してみても良いのではないでしょうか。

 

今では他国サイトで簡単に購入できる結果、検討してみましょう。

 

アフターピルホームへ